神戸大学大学院人間発達環境学研究科 赤木和重先生より、リンクス見学のご感想

  • 2018.07.06 Friday
  • 21:21

 

神戸大学大学院人間発達環境学研究科 赤木和重先生より、リンクス見学のご感想をいただきました。ホームページに掲載しています。

 

●どの子も,リラックスして学習している
リンクスに通う子どもたちの多くは,通常学級や特別支援学級の中で、とっても真面目に、でも、ときに緊張して学習していると思います。もしかしたら,言葉に出せない・言葉にできない苦労もしてきたと思います。

 

そんな子どもたちが、リンクスの中で、とてもリラックスして学習していることが,なにより強く印象に残りました。「このテキスト,なんかおかしいわ」「私は,ほんとは〜〜って思っててん」と普段は言いにくいことも含めて自由に表現して,先生に聴きとられながら肩の力を抜いて学んでいる子どもたちのすがたに,見ている私のほうがなぜかホッとしました。

 

リラックスして学びに取り組める時間や空間があり、それを共に伴走してくれる大人がいる…そのことがリンクスの素敵さなのかな?と感じました。


リラックスして勉強することは,前向きに楽しく勉強することの土台ですものね。「我が家」のように、リラックスして(でもだらだらするのではなく)勉強に取り組む姿が印象的でした。

 

●フォニックスの指導は面白い!
フォニックスの指導、本当に面白いですね。あのテキストを用いて真樹子先生が教えるなかで、みるみるうちに、子どもの発音が上手になっていくのがわかります。「おれ,うまくなってる」と実感している子もいるようでした。発音という身体のレベルで,自分の進歩を実感できるって素敵ですね。身体で感じる上達は手ごたえにつながりやすいですし。

 

リンクスを含めた学習塾では,頻度の少なさからくる学習効果が問題になりやすいのですが,この形であれば、週1回の学習でも、定着しやすいのではないかと感じました。なにより私も(勝手にそばでこっそり)教えてもらって、とても面白かったですし,「あ,自分の発音がうまくなった」という感覚を覚えました。こういう授業を中学生のときに受けたかったですねぇ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM