「小学校英語クラス」生徒募集スタート!

  • 2018.04.26 Thursday
  • 18:23

 

リンクスでは、LD・ディスレクシアのある小学生対象の英語クラスが始まります。毎週金曜日17:00〜17:50です。お電話・メールにてお気軽にお問い合わせくださいね。このクラスを担当するのは、姫路市小学校外国語活動指導補助員および福崎町小学校外国語活動指導補助員(Friendly World)の Etsuko 先生と私 Maki です。

 

〜以下、リーフレットより〜

 

「英語の教科化で何が変わる?」

2020年度より、小学5・6年生で英語が教科となります。これまでの外国語活動は英語に慣れ親しむことが目的でしたが、文字を使う授業へと変わります。具体的には、アルファベットを読んだり書いたりし、基礎的な文法を意識しながら書き写すなどの目標が文科省の指導要領に設定されています。

そして中学・高校では、英語で授業が行われることが指導の方向性として示され、大学入試では聞く・読む・書く技能に加え、話す技能が求められてきます。

 

「英語でつまずく原因とは」

しかしながら、英語は言語の特性上、日本語よりも読み書きの困難が出現しやすいと言われています。

日本語のひらがな・カタカナは1つの文字に1つの音が決まっていますが、英語は1つの文字にいくつもの音があるからです。反対に、同じ音でも違うつづりになることもあります。例えば、a をエイと読んだりアと読んだり、さらにauになると、2文字でオという1つの音として捉えなくてはなりません。

このような理由から、英語は日本語と比べつまずきやすい言語であるといえます。また日本語の読み書きに苦手さのある生徒は文字と音を結びつける力が弱いことが指摘されており、この力が大切な英語においてより一層、つまずきの原因となっています。

 

「フォニックスで英語が読める!書ける!」

リンクス学習サポートは、これまで日本語で読み書きの苦手さへの支援を行ってきましたが、この度、その実績とさらにフォニックスのメソッドを用いて英語の読み書きを学ぶクラスを開設することにいたしました。 フォニックスは文字と音の対応を習得する方法であり、読み書きに苦手さのある生徒の学びに効果が期待されています。

英語を母国語とするイギリスでは授業としてカリキュラムに組み込まれています。しかし、日本の学校や塾においては、フォニックス指導の専門性のある指導者は少なく、フォニックスによる指導はまだほとんど採用されていないのが現状です。

合わせて、流暢な読みの助けとなる、語彙や基礎的な文法の習得を目指します。その上で、自分で文章を作っていく次のステップに取り組み、話す力の土台作りをします。

 

「ひとりひとりの学びに寄り添って」

このクラスの指導は、実際に現場で指導している小学校外国語活動支援員と、英語の読み書き困難のある生徒への英語指導の実績のある講師が行います。

 





 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM