英語4線ノートのジョリーフォニックス同音異綴りバージョン

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 23:48


以前、ジョリーフォニックスのアイディアを入れた英語4線ノートの記事を投稿しましたが、今回は42音の代わりに同音異綴りを入れたものを作りました。Jolly Phonics Picture Flash Cards などと併用しています。


本当に簡単なものですが、中学生が教科書の単語を書くのに戸惑ったときに「この単語のここ、あの単語のと同じ音で綴りが違うだけなんやな」と、とても分かりやすくなるようです。


綴りと音の組み合わせが無数にあるように思えて圧倒されそうだったのが、頭の中が整理されて「これならできるかも」と意欲的にトライしてもらえるように感じています。


分からないときはここを見るといいよ、という拠り所を提示しておくと安心して試行錯誤できますし、「見ないでやってみる!」「もうできるからいらんわ〜」と案外チャレンジしてくれるもので、それがとても嬉しいです。


実はこちらは、学校の授業の補習をしつつジョリーも入れていく形で学習を進めている、ディスレクシアの中学生のことを思って作りました。


文法を進める前にフォニックスを習得できていれば良いのですが、現状では中学生になって初めて英語ができないということで相談に来られることが多く、進路に直結する定期テストのことを考えると、時間が本当にありません。


しかし、最近は漢字の読み書きで困難を感じている小学生が、英語でもつまずくだろうということでジョリーを始められるケースが増えてきていますね。





今回は、先月のWindows10アップデートで標準フォントとなった「UDデジタル教科書体」を使用しました。ロービジョン(弱視)やディスレクシア(読み書き障害)に配慮されたフォントです。


このフォントにはいくつか種類があるので、これからいろいろ試してみたいと思います。同音異綴りの部分は、同音のものを枠で囲むともっといいかなと考えています。


ちなみに日本語はこんな感じです。通常の教科書体のように強弱がない(細い太いがない)ので読みやすく、字形は教科書体に準拠しているので書き方を教える際に良さそうですよ。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM